今回は藤川佳則氏による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

サイトマップ

今回は藤川佳則氏による講義でした!

2021年09月20日
sample

先日は、一橋大学大学院ICS准教授の藤川佳則氏による講義でした。終始、チャットや投票、カメラなどのzoomの機能を最大限に活用する形で講義を展開していただきました。まず冒頭では、ユニークな自己紹介方法で塾生とコミュニケーションをとりつつ、そこからマーケティングとは何か、というテーマでお話しをしていただきました。講義前半では、藤川氏は「企業の目的である顧客を創造し維持するための活動は組織全体で行うものであり、その活動はつまり、マーケティングとイノベーションという二つの機能である」と話され、経営視点のマーケティングは「マネジメントから現場の人間に至るまで組織中で取り組んでいるはずのものだ」とし、企業における顧客の重要性を説かれました。そして、マーケティングと顧客の関係をいくつかの海外のテレビCMを視聴して学ぶことで、顧客価値の創造と伝え方について実に明瞭に理解することができました。講義後半では、マーケティングの考え方を「商品管理型」と「顧客管理型」に分類し、主に後者にスポットライトを当てた内容が展開されました。藤川氏は、前者は新規顧客の獲得を目的とする一方で、後者は各顧客の利益を追求し、それぞれに合ったニーズの提供によって、既存顧客を維持することを目的とすると定義されました。顧客管理型のマーケティングについては、多くのグラフや数値を用いて理論的に説明していただき、さらに、少人数のブレークアウトセッションの中で塾生は事前課題で取り組んた自社の事例と照らし合わせることで、各々が実現していくべき今後のマーケティング戦略が明確となり、ビジネスの現場に直面している塾生にとって実践的な講義となりました。今回の講義を通じて、今までぼんやりとしていたマーケティングに対するイメージが非常にクリアになったため、今後は二つのマーケティングの考え方を踏まえて身近な企業の動きを捉えていきたいと思いました。

文責:議事録隊 菅沼陽菜

Page Top