今回は塾生によるグループ研究発表でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

サイトマップ

今回は塾生によるグループ研究発表でした!

2021年08月15日
sample

先日は、「社会問題への自説を持つ」というテーマのもと、グループ検証した末、自説を発表する会でした。各グループの発表後は熱い議論が交わされました。

議題は以下の通りです。

Aグループ「女系天皇問題」:制度面や歴史から天皇の意義をとらえなおし、国民にとってどのような存在であるべきかを問いただしていたことが印象的でした。グループ内で女系天皇に賛成派と反対派に意見が分かれ、それぞれ代替案や現状の課題を取り上げられ、深堀りしていました。

Bグループ「脱原発問題について」:日本の電力供給の現状を危惧し原発の重要性を説きつつも、その安全性や外的リスクを慎重にとらえ、また代替エネルギーの発展を将来の目標に据えることで持続可能性を探り、多面的に原発を分析していました。

Cグループ「五輪の是非または改革論」:五輪における問題提起として、IOC主導による開催の是非を議論していました。その一方、アスリートの活躍から得られる活力など、五輪の持つ波及効果に着目し、五輪を多様な主体で盛り上げるという提言が印象的でした。

Dグループ「死刑制度存廃に関して」:死刑存続派と廃止派にわかれ議論を行いました。存続派は遺族の心情や収監コストの考慮を論拠とする一方、廃止派は冤罪の懸念や更生の余地など不可逆性について着目していました。

4グループとも、塾生自らの自説を感じ取ることができ、社会情勢に意見を持つことは社会の在り方を再考し、持続性の発展につながるのだと思いました。本業の合間を縫って、準備にあたった塾生の皆さん、お疲れ様でした!

文責:議事録隊 切石右京

Page Top