本日は松田清人氏による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

サイトマップ

本日は松田清人氏による講義でした!

2021年07月17日
sample

今回は、トバーズ・キャピタル会長 松田清人氏に「ミドルの仕事」というテーマで講義していただきました。

「ミドルの仕事の楽しさについて」「組織で偉くなることについて」「自分でビジネスを創ることについて」の3つのポイントで話して下さいました。

松田氏は、ミドルを「監督兼エース兼四番兼二軍監督」と表現されました。ミドルは組織の要、会社の力はその会社のミドルを見ればわかる。このように、ミドルは会社にとって重要な存在であることを確認しました。

続いて、ミドルが組織内でうまく機能するための条件を取り上げられました。塾生が最も関心を抱いたのは、伝統的な調整型人材は今後価値が落ちるという指摘。議論を経て、調整できることは立派なスキルだが、調整ばかりに気をとられるのではなく、同時に自身がこれをやりたいという強い意志のもと、変革を求めることも大切であるという旨に納得しました。

次に、組織で偉くなることについて、会社でやりたいことをやるためには、地位と権限が必要であることを語られました。出世は手段か目的か、改めて考えるきっかけになりました。また、変化の中では、常に顔色を伺うごますり型人間ではなく、一か八かチャレンジできる人間でいることの必要性を学びました。

最後は、新規ビジネスを創ることについて、松田氏自身の経験を基に話してくださいました。松田氏自身、大企業で勤めていた時代から個人事業を営む現在を回顧し、現事業で若いベンチャー企業家などに刺激を受けていることを語られました。塾生は、個人事業に踏み切る意思決定などに興味を抱きました。

講義全体を通して塾生は多くの質問をし、自分が今置かれている立場に対して各々が答えを見つけていました。今後の会社における「ミドル世代」の役割について改めて考えを深める講義でした。

 

文責:議事録隊 玉川優奈

Page Top