今回は山口周氏による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

サイトマップ

今回は山口周氏による講義でした!

2021年07月04日
sample

先日は、山口周氏による「アフターコロナの時代に求められるニュータイプのリーダーとは」をテーマに講義いただきました。

冒頭では、社会において価値の在り方が変化していることをお話しいただきました。数々のテクノロジーイノベーションが起こる中にもかかわらず、先進7か国の経済成長率が1960年代をピークに下がり続けていることの原因として、20世紀後半で消費者の「物質的欲求」はすでに満たされあらゆる社会課題が解決されている。従来の「正解を探す」ことは旧来的な価値観であり、これからは企業側から問題を提案する時代に変わっていることを認識しなければならない。よって、これからの「ニュータイプ」の時代においては、「問を立てること」という価値に重きを置かなければならない、と述べられました。

また、ビジネスに対する「主観」の重要性を説かれました。客観ばかりに頼ってしまうと、自身が「世の中にどんなインパクトを出したいのか、どんなものを作りたいのか」が分からなくなり、「問い」を立てられなくなると。従来の優秀の定義である「与えられた問題に対して正解を出せる能力の高い人々」はいずれAIに取って代わられるため、我々は「答えのない課題」に対処するべく、自身のビジョンを明確にし、積極的に発信することが重要であると山口氏は語られました。

後半では、リベラルアーツの重要性について述べられました。リベラルアーツは、我々の「直観」を鍛えるものであり、また物事を感じる力を涵養するもので、これが意思決定のスピードと精度を高めるのだと力説されました。

講義の最後に行われた質疑応答では、塾生から数々の質問が飛び交い、非常に白熱した講義であったとともに、社会においてどのような価値を提供するべきか、改めて考える機会になりました。

文責:議事録隊 切石右京

Page Top