今回は山口周氏による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

今回は山口周氏による講義でした!

2020年06月01日
sample

先日29日は山口周氏による「イノベーションと組織」の講義をzoomで行いました。
コロナ禍による世の中の様々な環境変化の一つである、在宅ワークの急速な浸透により、今まで当たり前だった「週5オフィス」が覆され、今後は「週に何日オフィスに行く必要があるか」が差別化になる。東京に住む意味がなくなり、例えば給与が一緒でもリモートワークで済む仕事環境さえ整えば、田舎の広い家に住めたり生活のグレードを上げられると仰っていました。
一番私が印象的だったのは、「ホワイトカラーは情報の製造業である」というお話です。今までは情報がある所に脳ある人間が集まっていたが、これは非常に非効率であり、今後は自由に動かせる情報を人間へと運び、生産性を高めるべきであると。不動産事業会社出身の塾生も複数いますので、今後のオフィスの存在意義をテーマに、後日議論をすることになりました。

また、ビジネスは「衝動」であると熱く語られていました。
衝動とは数字や理論ではなく湧き上がる人間本来の本能的なものである。また、ビジョンと現状との差=「問題」その問題を解決しようという衝動的に起こす行動が事業につながる。その「問題」を見つける感性は人生累積距離に比例し、自らがどんどん外に出て思いがけない発見や予想外の出会い等により、衝撃を受ける中で、強い問題意識をもった人がその解決のために動き、それがイノベーションにつながるのだと。
つまり同質の人とのコミュニティーばかりに居ると、「問題」を見つけることもできないと。ビジネスで重要とされる「客観」よりもむしろ自分の五感で感じる正解のない「主観」が最も重要なのである。
当たり前が脅かされている今、塾生は改めて身の回りの問題とは何か、働くとは何かを考える機会になったのではないでしょうか。

文責:議事録隊 岡野茜

Page Top