本日は10月4日の藤川佳則先生による講義「サービスマネジメント理論」で習ったマルチ・サイド・プラットフォームを活用した新サービスを考案し発表する授業でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は10月4日の藤川佳則先生による講義「サービスマネジメント理論」で習ったマルチ・サイド・プラットフォームを活用した新サービスを考案し発表する授業でした!

2019年10月18日
sample

藤川先生のサービスマネジメント理論の深堀
本日は10月4日の藤川佳則先生による講義「サービスマネジメント理論」で習ったマルチ・サイド・プラットフォームを活用した新サービスを考案し発表する授業でした。
各グループが、選定した企業の現状や強みと、社会課題の現状や潮流を分析したうえで、ビジネスを提案していました。提案されたビジネスは、「価値共創」や「マルチ・サイド・プラットフォーム」などのキーワードをもとにしたモデルで、斬新なものでした。プレゼンテーションは、流れが理解しやすく、内容が論理的で、納得させられました。
塾生からの質問では、笑いを交えつつも、一つ一つのビジネス提案に対して、実現可能性についての鋭い質問が投げかけられました。その問答の中では、活発な議論が行われ、終始明るい雰囲気でした。
個人的に印象に残っているものは、NECの新興国(アフリカ)への通信事業の進出で、ユーザーにサービスを提供するだけではなく、無料で利用してもらうことで情報を収集し、それを法人向けに販売するビジネスモデルでした。アフリカという市場は、データが少ないために、進出を足踏みしている企業が多いです。また、現地のニーズをつかむことがアフリカで成功している企業の特徴です。
この他のビジネス提案も、私自身の興味に刺さるものが多く、いろいろなこと考えるきっかけが多く楽しむことができました。

文責:中牟田

Page Top