本日は豊岡市長 中貝宗治氏の講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は豊岡市長 中貝宗治氏の講義でした!

2018年11月30日
sample

本日は豊岡市長 中貝宗治氏による講義でした。

中貝氏は豊岡市をローカル&グローバルというコンセプトを掲げ、昔から受け継いできた伝統を守り、育て、引き継ぎ、芸術文化を創造し世界へ向けて発信しています。また環境都市「豊岡エコバレー」を実現し内発型の産業構造を創り、さらには多様性のあるリベラルな町にして「小さな世界都市」市民を育てることを目標としています。グローバル化によって多くの都市が均質化された町に近づきつつある中で、豊岡は伝統を守ることで他の都市との差別化が図れ、豊岡の「日本らしさ」がグローバルな価値を提供できるということです。中貝氏は「コウノトリも住める環境を」という合言葉で豊岡市の創生を目指していますが、注目すべき点は、環境と経済効果は共鳴するということです。つまり環境保護だけを目指しても経済的合理性が伴わないと当事者を巻き込むことが難しい、よって環境と経済が共鳴し合う仕組み、一例はコウノトリの復活からコウノトリ米ブランドが生まれ世界に売りに出すということです。

本日の中貝氏の講義を聞いて私が感じたことは、地方創生という大事業を成し遂げるには地域を思う熱い思いとともに、論理的で合理的な方策が必要になるということです。中貝氏はアルフレッド・マーシャルの”Cool Head, but Warm Heart.”を体現されている方だという印象を受けました。中貝氏のような”Cool Head, but Warm Heart.”のポリシーは地方創生だけではなく、様々な事業の経営やマネジメントに必要とされるものだと思います。

 

文責:村野隼也

Page Top