本日は藤原和博氏の講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は藤原和博氏の講義でした!

2018年10月05日
sample

本日は元杉並区立和田中学校校長の藤原和博氏による講演でした。

本日の講演では、これから起こるであろうAIやロボットによる社会変化とそれに伴って人は情報処理力だけではなく情報編集力を培う必要があるというお話をしていただきました。ここでの情報処理力とは正解がある問題に対してその正解を導くという基礎学力とほぼ同義の能力であり、この能力は一般に日本の教育を受けることで発達するということでした。しかし今後の成熟社会を迎えるにあたって、正しい正解を求める能力よりも正解のない問題に対して納得解を導き出せる能力が必要とされるようになり、この能力が情報編集力であるとのことでした。私自身、今まで受けてきた教育を思い出すと情報処理力を培うものが多かったように思いますし、私自身も情報編集力の欠如に問題意識を持っていたため本日の講演を聞いて改めて危機感が強まり、また今後情報編集力を培う指針が立ったことは本当に良かったと思います。そして講演の後半にはキャリアのにおける希少性の重要性についてお話いただきました。キャリアを積んでいく際に重要なのが、自身の社会的な希少性を高めることであり、そのためには100人に一人というキャリアを三つ経験することでその掛け算として100万に一人の人材になれば良いとのことでした。これは転職を前提とした話ではなく、同じ企業でも部署の異動や役職の昇格などによって次のキャリアに進むことができます。そしてこの三つのキャリアを歩む時に大切なのが、三つのキャリアによって描かれる三角形をより大きくすることであり、この三角形の大きさが自身の付加価値になるとお話されていました。

 

文責:村野隼也

Page Top