本日は、トパーズ・キャピタルパートナーの松田清人氏による講演でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は、トパーズ・キャピタルパートナーの松田清人氏による講演でした!

2018年07月20日
sample

本日は、トパーズ・キャピタルパートナーの松田清人氏による講義でした。

日本は歴史的にみても課長が組織を導いてきた、という話から始まり、会社における課長の役割の大きさについて力説していただきました。

私が印象に残った問いかけは、会社の中でやりたい仕事を実現するためには出世が必要か?という問いかけです。多くの企業では課長あたりまでは加点方式で昇進が決まるが、それ以上の役職になると減点方式になるため、出世するためにリスクを取らなくなってつまらない人になる人が多い。もちろん役職が上であればより大きな資本や多くの人材を動かすことができるというメリットもある。これらの側面を考えた上で本当に自分の好きなスタイルで仕事をするのに出世が必要なのか、また、根本的には出世が「手段」なのか「目的」なのかという問いを提起され、私自身深く考えてみたいと思いました。

講義の後半では松田氏自身の起業体験と大企業での役員経験から得た、起業と大企業の役員で働くことの比較をされました。起業の醍醐味はやはり真のオーナーシップを持って働くことができること、そして大企業の役員として働く良さは大きな資本を持ち、大きな組織をマネジメントできるということでした。

私自身周囲を見ても、多くの優秀な学生が、起業やベンチャー企業で働くことを考えているように感じます。働き方は自身の人生形成に大きな影響を持つと思うので、自分の趣向に合う働き方ができる組織を選ぶことは大切であると感じました。

 

文責 議事録隊 村野 隼也 

Page Top