本日は女性塾における村上由美子さんの講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は女性塾における村上由美子さんの講義でした!

2018年06月13日
sample

本日は16人に塾生が集まり、OECDの村上さんを迎え大変魅力的なお話を伺いました。大きなポイントは三つだったと思います。

「完璧にしなくても良い。気楽に考えたらどんな環境にも対応できる。」

「日本の女性はもっと自信と大志を持とう。」

「現代のリーダーシップは、羊飼い。」

 一つ目は、松江市の田舎育ち、東京の大学、バックパッカー、スタンフォード大学、最初の就職先がカリブ海にあるバルバトス、そしてカンボジア、ハーバードビジネス、ゴールドマンサックス、OECD、日本の田舎町から自分の人生を世界へどんどん広げて困難な環境の中でも挑戦してきた村上の人生観だと感じました。

 二つ目は、客観的なデータから日本の女性は世界でトップの能力があるけれども、自信や大志が低いというお話でした。世界的に“高齢化”と“テクノロジー”はメガトレンドであり、日本は高齢化を他国よりに先に経験し、労働人口に関しては人手不足という状況は日本にとってチャンスです。さらに、意思決定が女性であるものに女性が関わっていないことが多いということです。チャンスの多い日本の、能力のある女性は活躍の可能性が大きいのだと知り、来春から社会人になる私も身が引き締まる思いになりました。

 三つ目は、リーダーシップのあり方が変わってきているというお話でした。昔はジャンヌダルクのようなリーダーシップが模範だったが、イノベーションが重要な現代は羊飼いのようなリーダーシップが求められてるということです。つまり、周りに自由な発想を持たせる”サーバントリーダーシップ“が求められているということでした。

 エネルギッシュな村上さんのお話はあっという間で、女性という立場で個人として与えられる付加価値について、考え方について考え直すことができたと思います。

 

文責:議事録隊

 

Page Top