本日は今野誠一氏による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は今野誠一氏による講義でした!

2017年11月02日
本日は、マングローブの今野社長にお越し頂き、「今野誠一の人生企画書」というテーマでご講義頂きました。
今野氏は西岡塾の9期生であり、その現役のときから毎年講義をして頂いている特別な講師です。
リクルート時代の半生と20年続く組織変革のコンサルティング会社「マングローブ」でのご経験を踏まえて二部構成でお話頂きました。
今野氏は幼少期を、岩手の山奥で極貧時代を過ごし、その後リクルートに入社されました。しかし、毎回希望通りの部署には配置されず、本意出ない仕事を任され退職まで考えた時に、今や今野さんの大恩師である上司からの、『誰でも可能性を秘めている』、『花開くのを待っている才能が必ずある』という2つの言葉に救われ、その後もその言葉を糧に頑張ってきたそうです。
辛い経験をする度に、「試されている」と考え、「役に立ちたい」、「成長したい」、「実現したい」という3つの思いを持って頑張りぬいた結果、新人賞を受賞されました。これまでの半生を振り返っての今野氏の人生訓は、
1. 「自分の可能性と才能を信じる」
2. 「置かれたところで咲け」
3. 「『試されている』で強くなる」
4. 「理想像で人生を切り開く」
5. 「いくつになっても人は殻を破ることができる。」
6. 「1日5分の教え」
だそうです。そして今後は、「Energizer」になることを人生の目的にすると今野氏はおっしゃいます。自分に関わる人、組織に全力の力を注いで、全員に幸せになってもらうことが目標だそうです。
組織変革のために最も大切なことは、「現在地の共有」だと今野氏はお話されます。レベル感、目盛りのことを現在地と呼び、よくできた会社はこの現在地を全員で共有できているとお話頂きました。
今野氏のご講義は、塾生の間で常に笑いが溢れ、まさしくEnergizerでした。塾生もそれぞれが自分事化し、考えを深められた様子でした。
文責:議事録隊
Page Top