本日は一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)の藤川佳則先生による講義でした! | 講義、講演のTOPIX一覧| | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

本日は一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)の藤川佳則先生による講義でした!

2017年09月22日
sample

本日は一橋大学ICS准教授、藤川佳則先生よりサービス・マネジメント「価値づくり」の未来に関するご講義いただきました。

現在、地球規模で起きている変化として、SHIFT(世界経済のサービス化)、MELT(産業の垣根は曖昧に)、TILT(未来は北緯31度の北から南へ)があげられます。

また「価値づくり」の種類として、グッズドミナントロジック/GDL(モノかサービスを提供し企業が一方的に価値を創造)、サービスドミナントロジック/SDL(モノもサービスも提供し、企業と顧客が共創し価値を想像)、MSP(共創相手が複数になり双方向で課金システムが派生)があり、今までのレンズを掛け直し、GDLをいかにSDLやMSPに転換していくかが重要であると強調されました。

目まぐるしく変わる現在の世の中で、どのような「レンズ」「フィルム」を使って世界を見ていくか、従来のような見方、思考でよいのか、そこを突き詰めていくことにより「価値づくり」の未来が見えてくるのでは、が重要な提言です。

「価値づくり」の未来について熱く説明していただきました。

今回学んだサービス・マネジメントの講義を踏まえ、塾生の企業から選ばれた4社を対象にグループで新しいビジネスを発想し、2週間後に提案をします。

 

文責:議事録隊

Page Top