渡辺 良機 | 講師紹介 | 少数精鋭のビジネス研修なら西岡塾

お問い合わせ
サイトマップ

渡辺 良機

西岡塾の講師紹介

渡辺 良機 (Watanabe Yoshiki)

東海バネ工業(株) 代表取締役社長

実践リーダーシップ/ニッチトップを貫くリーダーシップ

略歴

近畿大学経済学部卒、1971年東海バネ工業入社、1984年に社長就任

人物紹介

「スカイツリーが出来たのも3・11で無傷で居られたのも東海バネの制振装置があったから」。「40年保証の原子力発電所も100年保証の橋梁用も他社が作れないバネを作る」究極の注文生産、多品種微量生産のニッチトップ企業である東海バネ工業の熱血社長がその競争戦略と「CSはクソくらえ、従業員が幸せであるからこそお客様に満足してもらえる仕事が出来る」という人使いの妙を吐露する。

経歴詳細

1945年大阪府生まれ。1971年入社。1984年社長に就任。同業他社が大量生産体制にシフトする中、あくまでもフルオーダーメイドの多品種微量生産に特化し、その為25年前からコンピューターを活用して、他社の追従を許さない多品種微量生産対応システムを構築した。同時に、「メーカーは卓越した技術力を保有してこそメーカーで有る。」を信念に行動。その結果「原子力発電設備用安全弁用コイルバネ」「マシニングセンター用サラバネ」「水門ゲート用安全装置(ゲートロボ)」といった製品など、日本国内市場でシェアNo1のバネ製品を数多く擁している。

講師陣紹介一覧へ

講師陣紹介

一覧を見る
Page Top