公衆Wifiサービスの不思議 | 西岡郁夫コラム -日々のつぶやき-

お問い合わせ
サイトマップ

西岡郁夫コラム

公衆Wifiサービスの不思議

2017年05月12日
日々思う事

スマホを使っての情報収集やコミュニケーションが欠かせない必須アイエムになって、地下鉄などではみんながスマホをのぞき込んでいる。自分も恥ずかしながらgmail、メッセンジャー、Line、Facebookと一通りのアイテムをのぞき込んでいることが多いのだが、最近とみに感じるのが「Metro Free Wifi」が全く繋がらないばかりでなく、暴力的に邪魔をしてくることだ。こっちは4Gに繋がって機嫌よく検索しているのに、電車に乗ったとたん暴力的に「Metro Free Wifi」や同類のものに乗っ取られて、乗っ取ったくせに責任を果たさないネットの犠牲になっているんですよ、我々は。

考えてもみてよ。地下鉄8両とか10両編成に一杯乗客が乗っているでしょう。寿司詰めにされてるでしょう。 何人乗ってるの? その半分がネットに繋がっていると考えると、、、そんなキャパが「Metro Free Wifi」に用意されているんですか? されてる訳は無いでしょう。だったらなんでそんな無謀なサービスを始めたんですか? すぐに反省して辞めないんですか? 経営者はこんな惨状を知っているんですか? わが身の安全のため経営者には知らせてない? 問題解決のために社内で誰か頭を痛めてるの?

我々の自衛策は駅に着いたらWifiをオフにすることだが、一旦オフにすると会社に着いたり、自宅に着いたらWifiオンに一々しなければならない。こんな面倒を乗客に掛けていて何のサービスにもなっていないことをやり続けるMetroを代表とする同様のサービスをいている電鉄会社の猛省を乞いたい。

 

コラム一覧へ戻る

新着記事

Page Top